ステロイド剤の危険

当店にはアトピー性皮膚炎のお客さんもみえられますが、ほとんどの人はステロイド剤を長年使用されています。

使い始めの頃はステロイドは、体外に排出できるので抜群の消炎効果が得られます。
しかしそのまま、半年も1年も使い続けると徐々に体に蓄積され、酸化コレステロールに変化して、周辺の組織を酸化し、新たな皮膚炎を起こしていきます。

徐々にに効き目が悪くなりますから、だんだんステロイドの量を増やさなければならなくなり、悪循環に入っていきます。

カッピングカップをスライドして行くと、白く濁った液が出てきます。
体内からステロイドを抜くことから始めます。

東京 清瀬 カッピング

コメント


認証コード7775

コメントは管理者の承認後に表示されます。